Thohoku Long Distance

BMW R1200GS-LC/R1200GSA-LC/AFRICATWIN

TLD・・・「東北ロングディスタンス」
東北の山々の林道を出来るだけ繋いでロングに走るにはビックタンクが必須!勿論ロードの移動も快適に走るのは必然!そんな条件を両方ともクリア出来るのはBIG-OFF!

走り始め!2017

image:5124

翌週の週間天気予報では連日雪マークが出ている週末の晴れた日曜、すかさず春恒例の「沿岸ツーリング」を敢行してきました!
昨年は、2月中に行いましたが今年は例年通り3月となりましたが、寒さを我慢すれば走ることができるので出来るだけ出かけるつもりです。

image:5126

朝のニュースで宮城県南三陸町の復興モール商店街の番組が報じられていたので、ついでに立ち寄ることに。いつもは空いているR45が街に近づくにつれ渋滞が発生し、大変混雑していました。これからも沢山の来場者で復興が続くことを願っています。

込み合っている南三陸町から北上し気仙沼方面へ向かい、いつも立ち寄る大谷海岸へ。

※6年前の画像↓
NEC_0007
NEC_0006
NEC_0008

震災から6年・・・・瓦礫は片づけられてはいますが建物はまだまだ少なく、新しく整備された漁港から過って賑わった海水浴場を眺めつつ早く元通りの街並みに戻ってほしいと三陸の沿岸に来るたびに思わずにはいられません。

image:5132

image:5131

このBLOGでもいつも沿岸ツーリングの記事が殆どを占めますが、毎年何度も走りに行く福島から八戸までの沿岸ルート・・・・これからも通い続けようと思います。

本格始動!?

image:5087

2万キロ点検でディーラーに預けるも約1ヶ月程雪で引き取りに行けませんでしたが、2月中旬に何とか回収できました。帰宅途中に雪が降ったりとまだまだ真冬日な2月ですが、平地の国道には雪が積もってもすぐ溶ける日々に。
そんな3月間近の休日、早朝に降り積もった小雪が解けだしたのをみて本格的な初走りに出かけました!

image:5106

いつもの走りなれたワイディングですが、日陰や見通しの悪いコーナーなどは残雪や凍結に注意し確認しながらゆっくり通過します。

image:5108

少し山側に入っていくと・・・残雪が増えてきました。

image:5107

レインモードで残雪を避けながら・・・・

image:5110

うっひゃー まだまだ春は遠い!(3月になっても最低気温は-7°なんてのが全県で記録されてます)

ここで無理せずUターン・・・・が、滑って立ちコケしてしまいました。。。

いやぁ~寒さもありますがライディング中、身体が堅く無駄な力が入りっぱなしでギクシャクした走りに。
このあと、日頃使わない筋肉が悲鳴を上げて数日筋肉痛でヨタヨタ歩きです。
本格的なシーズンインまで徐々に慣らし、ロングツーリング出来る身体にしていこうと思います!

相棒の相棒

image:5083

昨年の2月に発注した「CRF1000L」がやっと入荷しました!
早く走りも新旧比較したいものですが、雪道や慣らし運転とかで先になりそう。。。

IMG_20131124_12513103

・・・と言っても私が注文した訳ではなく(水冷GS2台目に乗り換えて、または無いでしょ!)
初代「うめさん号」を引き取っていただいたS藤さんがアフリカツインを気に入り、2台目として新型も愛車にしてしまったようです。

DSC_0347

どちらにしてもいつものトリオで走りに行けば・・・・

image:4910

予想は見えてますけどね! 楽しみ楽しみ!(なにが? 笑)




まだ冬眠中

image:4956


更新してなくて申し訳ありません。
正月までは雪が少なくて良さげでしたが、現在がっつり寒さが厳しく、未だ乗れてません…が、昨年同様2月初旬には乗り始めしたいと思ってます!

2016秋 DOA鮫川

image:3729

今年もDOAに行ってきました!
前回と同じくSTAFFとしてお手伝いでしたが、同じ福島で強烈な雨男軍団が集う某イベントも開催されていたとかで2日間雨模様でした。

image:3730

昨年に続きカメラマンとしてエントラントの撮影なのですが、雨の中での長時間待機や水滴が着かないようにしてもレンズが曇って苦労しました。

GPSで入力した座標が間違っていてCP1やCP2にたどれ着けず、迷走したりしながらオンコース探しするはめに・・・

image:4053

そんな雨中でも何とか撮影しやすいところで待機。(↑岩の上でカメラ抱えてます)

image:4054

昨年の反省から、雨具・椅子・食料・おやつ・着替えなどパニアに詰めて来たので少々の事ではへこたれません。
オンコースを走りながら撮影ポイントを物色し、いつ現れるかわからない参加者を待ちひたすら待機・・・風や雨音、木々のざわめきの中、空耳かと思うくらい遠くから伝わってくるエキゾースト音を聞き分けられるようになってる自分に驚く(確か老人性難聴だったはず・・・(笑))。

image:3702

ほぼ全車の撮影を終え、暗くなった夕暮れの林道を慎重に進み本部へ戻る途中・・・突如、人影が!!

「助かりました~」とお助けコール。

image:3703

聞けばバイクごと訳も分からず道路から転落したとの事。2人では引き上げることが出来ない事を確認し、この場所をGPSに記憶させ、全く無傷だったライダーとタンデムで本部まで帰ることに。
1200GSでのダートタンデムは、ギャップで安定させるためちょっとスピードを上げて走ることを伝え「大丈夫です!」と言いつつ、加速するとギュッと掴まれ緊張するのが伝わってきました。
そうだよねぇ~崖落ち冷めやらぬ不安な状態で、これまた初めてのビックオフでの夜間ダートタンデムは底知れない恐怖だったかも。。。(笑)

本部に戻り有志を募って再度現場へ行き引き上げ、走行可能なことを確認して自走で帰ってきました。
怪我無くてよかったね!


2日目、午後からなんとか天候が回復し一瞬日が差したので、濡れたグッツを広げ乾かしたり

image:3733

image:4055

やっと、気持ちよく走れそうですが日陰はまだまだちゅるちゅる路面・・・今回のDOAが雨で引き締まった砂利ダートが簡単で、逆に苔むした舗装路がスケートリンク並みに滑り、難敵だったとか。

image:3735

2日目は1日目より総距離も伸びダート率も高めの為、スタート時間を早めたにもかかわらず、CPタイムアウト続出で完走者が50台を切ったとか・・・・でも、ロングダートを満喫できたようでなによりでした。

翌朝、いつもの「アドべ兄弟」で一路岩手へ
今回初めてDOAに参加したK野さん、「来年もでようかな。」と楽しめた様子。

image:3738

東北で開催される初級者でも出られ、スキルも上達する気軽なイベントDOA・・・超マイナーでいつまで続くか判らないけど、ダートをいっぱい楽しめるんだからもう少しお手伝いしようと思ってます。





ロングダート

北岩手のダートもロングですが、一本40㎞オーバーのダートルートはあまり無いはず。
11月から7月まで閉鎖され、走られる期間が限定される白神山地を横断する白神ルート「弘西林道」
7月に通行止めで行けなかったのでリベンジしてきました。

image:297

今回も下道ルートで盛岡、田沢湖経由、R105北上し能代へ抜け、八森町というルートです。

image:298

八森で昼食をとり白神ルート起点の深浦町へ。

image:302

7月に続きまた通行止め!?・・・と目を凝らすと支線でした。
舗装路を十数キロ走るとダートが現れます。

image:303

秋田深浦側はタイトなコーナーと道幅も狭く、ダートも道の両脇が結構荒れ気味で、対向車も多く慎重に走るガマンが続きます。

image:304

青森側に入ると結構フラットなダートになりコーナーも緩くなりホッとするも、その分対向車のスピードも上がり気味でオーバーラン気味に突入して来るのでこれまた気が抜けない。。。

image:305

でも舗装路近くの最後の数キロのダートはフラットで見通しも良く、気持ちよく走れ一気に貯まったフラストレーションを解放できました!

image:306

ダート区間のみ約43㎞!20年前の頃から40㎞オーバーを維持しているのが驚きです。最近の林道はどんどん舗装化を進めているのが現状ですから今回は更にダート区間が短くなって30㎞位になってしまっているかと思っていました。これだけのロングな林道ダート区間を維持するのは大変だろうなぁと思う反面、いつまでもこのままで残っていて欲しいと願わずにはいられませんでした。

まずは白神ルートのリベンジを果たし、弘前に抜け前回と同じ帰宅ルートR282するだけでは面白くないので、今回はR102経由で十和田湖へ。

image:308

田沢湖と十和田湖を半周づつ(なんと中途半端な・・・)走り、R282を南下しR4で帰宅しました。
うーん、GSアドべに乗り換えてから高速道路を使わず一般道を走る距離が格段に伸びてます!
60歳近くなってから距離が延びるなんて、GSマジックだす~

2016北緯40度線GSファンライド

FB_IMG_1473319551249

昨年に引き続き今年も開催するということで、開催1週間前に試走しました。

DSC_0026

昨年と同じ沿岸までのルートですが、そこは北岩手!別ルート満載で2年続けての参加でも新たな林道を走ることが可能で飽きさせません!

DSC_0027

ビックオフでも快適なルートをチョイス!

DSC_0028

林道にはみ出た夏草を刈り取りつつ(笑)ルートを確認してきました。後は台風通過後にもう一度確認ということで開催を待つばかり・・・・。

large

その台風が恐れていた通り東北直撃!

FB_IMG_1473321017574

刻々と台風被害の情報がNEWSで繰り返され、北上山地系でも特に岩泉町周辺は主要林道が集まるところ。
もはや開催は不可能と思いました。

しかし、奇跡的に岩手県内陸部はそれ程被害はなく奥羽山脈系へ急遽ルート変更を決定。
ルート責任者のK野さんが開催前日に新ルートを試走し、開催することが可能となりました。(さすが岩手県!面積が広い!!)

FB_IMG_1473321992743

迎えた土曜日、台風痕も感じない天気の朝、予定通りの集合場所へ続々と参加の皆さんが集合。

DSC_0026

DSC_0027

台風一過爽やかな八幡平ルートを走り、いよいよダートへ!秋田・青森県境まで林道を走り回ります!

DSC_0029

ちょっと雨で出来た轍はあるものの、ビックオフでも楽しめるダートをチョイス!

DSC_0030

途中、チュルな林間もあり、皆で力を合わせ乗り越えたり、

DSC_0031

果敢にマディに挑戦し喝采を浴びたり・・・

DSC_0032

楽しんでもらえたようです!

急遽変更したダートも距離的には十分なロング!時間が足りずキャンセルしても有り余る程のボリュームでした。夕日を浴びながら最後のダートを抜けるとそこはもう安比のペンション村!

DSC_0033

さて、お待ちかね!温泉と生ビールにバーベキュー。
FB_IMG_1473322394463

参加賞の御揃いのTシャツに着替え乾杯です!
心地よい疲労と満腹で皆さんその夜は爆睡の様でした。

翌朝は帰宅組と更にオプショナル林道ツアー組に分かれ出発です。
林道組は雫石町まで移動し、沢内村へと南下するダートへ。

DSC_0035

走行台数が減ったので必然とダート速度がペースアップするも、スムーズに林道をこなしていきます。
最後に20数キロ「修行林道」?を走りタイムオーバー。沢内村での解散となりました。

台風上陸で一時は開催キャンセルかと悩みましたが、果敢に新たなルートや宿泊地変更を決断していただきましたクボトラさん、ルートディレクターK野さん、そしてこのような状況でも遠方からも参加くださいましたエントラントの皆さんに感謝申し上げます。

北岩手北緯40度横断ルートはの復旧には長い期間が必要と思われますが、きっと復興のあかつきには皆様と再び走れることを祈念しております。






夏はこれだね!

image:8966

暑い日が続きますね!東北岩手でも日中は34℃にもなりますが、こんな時でもバイクに乗りたい欲求は無くなりません。
都会のヒートアイランドなアスファルト地獄が無いので、近くの山へすぐ行ける環境に感謝です!

image:8889

夏は雨模様でも寒くないのでカッパ着込んで温泉ツーリング。

image:8888

まったり温泉に浸かって観る雨の山々もなかなか良いもんです。

この夏は、暑い日中を避け涼しい早朝ツーリングにハマってます!
夜明けと共に出発。暑くなる前に午前中に帰宅する・・・
涼しい、いや寒いくらいの夏を体感できます。

image:11971

標高150mでも気温15.5℃!ヤバいです!(笑・・・でも日中は32℃まで上がります)

image:11973

山も海も!!夏でもオフロードギアフル装備で走るには岩手は最適ですね!

image:8969

こんな爽やかな景色と、

image:11974

一人一つの露天風呂!

image:8973
小岩井農場のひまわり畑

そして日本海側には岩手山と双子の様な山並みの秋田県鳥海山。

image:11988

image:11990

道路わきの渓流はとても水が澄んでいて思わずパンツ一丁で泳ごうかと。。。

image:11995

でも、青森県の岩木山も凛々しいなぁ・・・

北海道へ渡るフェリーが確保できない方は、「行くぜ!夏の東北へ!」




北へ

北と云えば北海道!
最近フェリー便の発着時間を調べたりグーグルマップでルート探索したり。。。
ハイシーズンの土日はやはりフェリーの空きがなくて・・・直前に決定して出発したい私には高いハードルとなっております。(1泊3日で北海道なんて邪道だよ。と言われそうですが)

無理でも本州北端から北海道を眺めようと梅雨空の中出発です。
アドべに乗り換えて、高速道路主体から下道一般道を走ることが苦にならなくなりました。

image:8017

トルクフルで重厚な走り・・シフトアシストPROでクラッチ操作激減・・クルーズコントロールで右手もラクちん・・満タンにすれば600km給油の心配なし・・雨でもレインモードで安心・・パニアに雨具やお土産など何でも入れてお気軽です!

今回は信号だらけの国道主体ではなく「広域農道」「農免農道」などの農道をチョイスしながら繋げていきます。農道というと狭くくねくね道を想像しますが、広域農道などは大型トラックでいち早く産地から消費地へ輸送する目的のためや、幹線道路に対するバイパスとしての機能を持つこともあり、高規格で信号も少なく60km/h制限速度+αで巡航可能なのです。
ナビには広域農道と表示されませんが国道などの道路標識で「○○農道」と見つけたら走ってみてください。

雨の中、湯田→横手→角館と進み秋田市を迂回しようと、知らない県道に入り込み最後は林道に・・・いつもならそのまま林道アタックとなるのですが、折からの雨模様とソロツーリング・・・躊躇していると「クマ出没注意!最近出ました!」の看板が。。。迷わず十数キロの道程をUターンすることにしました。

秋田道の脇を走る一般道を見つけ何とか八郎潟町へたどり着き、ついでにと大潟村の田園直線道路をチョイスし走っていると・・・

image:8061

脇道に何本もダートが見えるので入ってみると、田んぼのあぜ道とは思えない堅くしまったフラットダートが遙か先まで続いています。
こりゃアドべに乗っていて走らない訳にはいきませんよね?ありがたくダートを堪能させていただきました!
うーんやっぱりダートを走らないツーリングなんて(笑)

このあと地元産の「馬鍋」を食し、能代から沿岸沿いの道路を北上します。
バイパスではなく海沿いを走る旧道を選びながら走っているうちに、雨模様からか鞭打ち症がぶり返し痛んできたので、小さな町民温泉へ一時退避。

image:8022

早速、湯船に浸かりながら、硬直した首と肩をマッサージしたらあら不思議。偏頭痛やコリが取れてしまいました!でも、その後雨で濡れないジャケットの中が噴き出る汗でムレムレ!温泉効果抜群でしたよ。

image:8021

深浦町で「白神ライン」の情報を得ようとしたところ

image:8023

案の定、開通はもう少し先でした!
行ければダートで弘前へ抜けたかったのですが、諦め鰺ヶ沢まで北上。
すると岩木山方面に青空が!

image:8024

こりゃ~行かないわけにはいきませんね!津軽富士「岩木山」

image:8041

この画像に惹かれつつも評価の低さに何度、麓で断念したことか・・・

image:8026

69の急なカーブと単調なスラロームの繰り返し・・・やっと意味が分かりました。。

image:8025

おまけに頂上は雲の中。バイクでもキツイのに車では更に嫌だなぁ・・・。
この後タイヤの両サイドを万遍なく使って下り、程なく弘前へ到着すました。

翌日のマスツーリングに飛び入り参加すべく、弘前に来たのに宿ですぐ爆睡・・・(やっぱりツーリング後の眠りは心地良いです)
翌朝までぐっすり眠り、早朝出発。ガソリン満タンにして集合地点「YSP弘前」へ!

image:8062

毎年、飛び入り参加ですが、気さくに参加させていただいてます!
image:8043

十三湖を経由して中泊町で「メバル御膳」を食すツーリングです。

image:8063

生きの良いメバルでしたよ!(事前予約が必要だそうです)

image:8044

皆さんと弘前まで戻り、私はそのまま国道7号を南下。
高速道路の無い昔に走った碇ヶ関の難所が懐かしく、高速道路が出来たお蔭で交通量の少なくなった国道沿いの街を南下し、西根から国道を外れ農道や県道をスタンディングのまま70㎞以上走ってトレーニング?(座位で膝の裏が痛くなってね)
2日間、下道オンリー800㎞を楽しましていただきました!

北岩手でサソリを試す

image:7815

ワイルドからサソリタイヤに履き替えたところ、北岩手道先案内人?のK野さんから「北4のトレーニングがてら走りますけど・・」とお誘いがあり、腰痛は完治してないですがいそいそと出掛けることに。。。

image:7813

今回はK野さんと同じく北4にエントリーし、TLD仲間である青森のJちゃんもお誘いして、いつもの北上山系ではなく秋田県境の奥羽山脈系ルートを走りこみます。
当日は天気も良く下界の真夏日をしり目に気温は23℃程。リゾート地の安比・八幡平周辺のロングダートをチョイス。

image:7811

BIGOFF向きの手入れの行き届いた小石の直線主体の林道・・・

image:7810

ノーマルサソリタイヤでもアナーキーワイルドを履いたアドべ先導車に遅れることなく付いていける、快適なペースで腰痛をカバーするためスタンディングで数本のロングダートを満喫。

昼食を挟み、折り返しルートもこれまたロング・・・

FB_IMG_1466338940252

帰りのダートは土系のダートで、本来大好きなのですが湿っている土には要注意!と反芻しながら、日陰のダートでは特に慎重に走りつつも・・・・

image:7818

またやってしましいました。

received_480927575365346

ノーマルフロントタイヤがスリップし転倒、滑走しながら180度回転して停まる。
ノーマルタイヤで幾度も繰り返してきた転倒パターン・・・ブロックタイヤならリカバリー可能なのですが、またやってしまいました。

BlogPaintimage:6875

ノーマルタイヤで走る時はペースセーブして走るようにしているので、怪我なく損傷も軽微ですがまったく懲りてませんね。

image:7817

複数でペースに合わせる時はブロックタイヤ装着で安全に。
ノーマルタイヤの時はソロの時の様に慎重に。

サソリさんタイヤが余りにも乾いたダートでのグリップが良いので過信しすぎていたかも。

FB_IMG_1466338951652

今回もアクシデントはありましたが200㎞中半分はダート区間という北岩手ルートを堪能。
次回は今回の秋田県境西側ルートから東側沿岸ルートと繋ぎ、総ダート300km超えルートを確立しようと計画中です。
岩手県の林道、最高ですよ!











月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール