Thohoku Long Distance

BMW R1200GS-LC/R1200GSA-LC/AFRICATWIN

TLD・・・「東北ロングディスタンス」
東北の山々の林道を出来るだけ繋いでロングに走るにはビックタンクが必須!勿論ロードの移動も快適に走るのは必然!そんな条件を両方ともクリア出来るのはBIG-OFF!

R1200GSLC

GS・・・

P9159259

初期型R1200GSLCを購入して2年、やっと慣れてきたこの頃でしたが、どうにも唐突な挙動を抑えることが出来ず破綻・・・スリップダウンを繰り返すことが多発していてついに路外へダイブ!

image:2963

フロント周りを損傷し長期ドック入りしておりました。

image:3227

走行には全く支障はないものの、ステアリングステムの片側沈下のためハンドルがあらぬ方向へ下がり修正が必要になるとの事。。。
同じお金を投資するならと、本来欲しかったGS-Adventure(GS購入時は発売未定で泣く泣く断念)に乗り換えることを決断しました。
image:3910

現行モデルのGSはフライホイールを重くして低速の扱い易さを増し、更にステアリングダンパーも標準装備し、進化していました。

まだまだダートを走るのならアドべではなく、GSをモディファイし、アドべの足長前後サスを移植すれば最強かとも考えましたが、ダートでの破綻は自分の体力や感覚の衰えから来ていると自覚し、余りにも重く大きなアドべに乗れば少しは慎重に走るだろうとの目論見もあります。(自制できない自分・・・笑)

GS界ではアドべでブイブイ走られている方々も増えておりますが(岩手にもK野さんと云うツワモノも)、とてもアドべで同じようには扱えませんので第二のGSライフを楽しみたいと思います!



GSツラーテックパーツ追加

image:2928

転倒数十回でしたが不思議にフロントフェンダーの傷が付かなかったのですが、ついにやらかしました!
林道センターのこんもり盛り上がった草地でリアスライドし180度ターンしての転倒。。。スクリーンステーとサイドカウルも小傷を負いましたが、機能性はスクリーンステーの破断のみで済みました。
余りに醜いので(当然交換なんでしょうがどうせまたやらかすので・・・)実用性も兼ね「マッドガードエクステンション」を装着することに。。。
image:2930

傷は全部隠れませんでしたが十分傷隠しになります(笑)
ちょっと気に入っていたノーマルの赤いエビのしっぽ?的なフェンダーが大人しくなってしまいましたが、また違った顔になって面白いです。
image:2933

ツラーテックでついでに不便だった(欠点?)サイドスタンドにもエクステンションを奢りました!
不整地やヌチャ系沈み込みの路面で石や空き缶を敷かないと立てられなかった場面が多かったので併せて装着。
image:2936

接地面積と高さが増えて安心してどこでも停められるようになりました。ノーマルの楕円のプレートだけではやはり使い難いので早めに追加したいパーツの一つですね。

北岩手探索行3

県北部には雷雨・洪水・土砂崩れ警報が出されていましたが地元では曇りだったので、リアルタイムアメダス情報をスマホでチェックしながら今回の集合場所「岩洞湖」へ向かいました。

image:2820

県南部は曇りでしたが北に進むうちに雨模様に変わり、雨中走行も嫌いでも無いのですがこの季節としては10度を下回る寒さが堪えます。
でも、愛車のバックに常備している「ホッカイロ」を貼って何とか凌ぎました。
image:2884

岩洞湖はその昔、インターネットで知り合ったビックオフ仲間と初めて集会を開いた思い出の場所。
ここから私のビックオフ人生が始まったと言っても良いでしょう。今もその時の仲間との交流が続いています。

image:2879

周辺には昔とかわらずフラットで締まったロングダートも健在でした。もちろんGSで気持ち良く全開ダートを楽しんだのは言うまでもありません(笑)
image:2873

今回は盛岡市近くの岩洞湖から沿岸までの往復ルートの確認です。
幸い途中の山間部も災害警報の被害も殆どなく、ダートの現況確認と沿岸まで行くことが可能でした。
image:2874

さすがに猛烈な低気圧が通り過ぎた海上はご覧のように大荒れ・・・・ダートでは破綻のない走りのGSでしたが海岸部の濡れたトンネル内カーブでリアタイヤスリップ→あわやハイサイド!?になりかけましたが、何とか持ちこたえました。(すぐにエンデューロモードからレインモードに思わず切り替えました ”汗)
image:2875

折り返し地点着いたものの余りの寒さにすぐに岩同湖へ引き返すことに。。。
image:2881

内陸の岩同湖に近づくにつれ天気も回復し気温も上昇し、ホッと一息。
image:2885

山頂から下界お俯瞰すると雫石や盛岡方面に薄日が差しているのが見え、これで寒さともオサラバだとばかりに先を急ぐ。。。
この後、盛岡市のBMW Motorradのクボトラさんに向かい前回の北岩手行で転倒しひびが入り、今回ついに破断してしまったスクリーンガイドの注文で立ち寄り、帰ってきました。

後は、イベント当日を迎えるばかり・・・でも関係者の話によると「GS乗っているけどダートはね・・・」と尻込みしちゃう人が多いとか。。。
折角GSにもダートでのアシスト機能があり、普通に走る分には構えることなく安心してダートも熟せるのに勿体ないなぁ・・・と思うのですが。。。



北岩手探索行2

昨年の晩秋に積雪で難儀したルートのリベンジに行ってきました!
DSC_0308


前日の雨も何処へやら・・・
DSC_0345

5時起きで松尾八幡平インター集合7時出発でいざ行かん!
某イベント試走も兼ねて七時雨山荘へ移動。
DSC_0346

ここからスタートし沿岸部まで山々を超えて行くルート。
DSC_0347

岩手山がもう遠くに見えるもまだまだダートが始まったばかりの中、小休止。
イーハトーブのリエゾンとしても使われているポイントをトレースしながら絶景のビューポイントを満喫。
DSC_0349

DSC_0348

100㎞以上連続でダートを走っただろうか・・・
とあるガレたダートを一気に山頂まで駆け上がると
DSC_0353

男和佐羅比山山頂から見下ろす野田湾を眼下に目を奪われる。
さぁ海までもう少し!ダート下って野田まで行くと、はや17時。。。。あっという間の10時間、濃厚な時間でした。

本来ならここで旅館で風呂に浸かりジョッキで乾杯となるところですが、さぁて残り250km(ダート一本を含む)一気に下道オンリーで強硬帰宅の始まりです!
国道を外しローカルなワイディング(信号が数十キロ見当たらず)ルートで快適に距離を伸ばすも遠野周辺の暗闇夜間走行にてついに私だけギブアップ。。。
東和町より高速道路を選択,一人エスケープさせていただき、無事21時自宅到着!
うーん長いハードな行程でしたが、心地よい疲れと素敵な景色を反芻しながら食事もとらずに爆睡モードに。

もっと体力付けていかないとヤバいです!
久しぶりに「とうほぐろんぐでぃすたんす」完遂しました!!

解禁だす!

GWから忙しくてバイクに乗れませんでしたが一段落の6月、活動再開です!
ツアランネクスト3度目のリアタイヤ交換しました。減ってはいましたがまだ大丈夫とダートを3㎞程走ったらこんな状況に・・・・9000㎞保ちましたか。

DSC_0328

以前交換したフロントタイヤと同じアナーキー3に交換し一皮むいてきました。
DSC_0337

定番のR342栗駒山須川温泉へ向かいます!
雪崩予防のため夜間通行規制がありゲートが開くのを待ってスタートです。
DSC_0323

DSC_0325

確かに注意が必要ですね!(今頃は溶けていることでしょうが)
DSC_0334

今回は温泉に入らず通過しましたがお奨めの須川温泉。ここからのルートはR398経由で小安峡方面か、鳴子方面をチョイスするのですがR398は雪解けの崩落個所多数で復旧の目途が立っておらず、しかたなくR342を北上迂回して湯沢市稲庭で稲庭うどんを食しR397で帰ってきました。
DSC_0341

R397の山中にひっそりと湧き出る湧水。柔らかくてミネラルたっぷりの湧水でしたよ!
タイヤの皮むきも終えたのでそろそろ北岩手探索行を再開する予定です!



満開桜ツーリング2

MSC.HARAさんに点検に出していたGSを引き取りに来ました。
20150403_1017224_t

改装した店舗内にある更衣室(毎回助かってます)でライディングギアに着替え、点検整備されてゴキゲンなGSを受け取りさて、どのルートで帰ろうか・・・・

ちょうどお台場でイベントが開かれているのをTLD仲間のしなのさんから聞いていたので飛び入り参加しようかと、原さんにルートや時間を調べてもらいましたが、予定があり夕方までに帰宅しなければならず断念。。。
img_0_m
img_6_m

しなのさんは御嬢さんとタンデムで会場入りとのことで、ご一緒したかったのですが首都高とか余りわからない私では時間がかかりそうで泣く泣く北上帰宅ルートへ。HINOレンジャーの試乗会行きたかったなぁ~

道中、SAの案内地図を参考に高速道路I.Cから海に近い「大洗海岸」経由常磐道に変更し、インター近くの回転すしに入りまずは昼食。(アンコーが美味しかったなぁ)
写真のとおり福島ナンバーのGSが3台停まっていてオーナーさんとちょっとお話して先を急ぎます。
DSC_0324

DSC_0325

潮のにほいを嗅ぎながら大洗海岸沿いを走り、日立まで北上し高速道へ。
常磐道では地元ナンバーの巡航速度が高そうな高級車を見つけてはコバンザメ走法で引っ張ってもらい、良いペースで(ヤバい速度域が結構ありましたが)予定より早く到着することが出来ました。
次回は、春の房総半島をもっとゆったりと走りたいとの思いが強くなりました。また来よう!

満開桜ツーリング

GSのリコール対策と点検を兼ね関東遠征して来ました。毎回東北自動車道の往復でしてが今回は3月に全線開通した常磐道で向かうことにしました。
DSC_0316

道中いわき周辺にて『満開桜』も発見!いわき以南から東京まで行き先々で満開桜の道路を満喫しながら走る事ができました。
DSC_0317

ランチはTLDからのお仲間であった友人のレストランにお邪魔して来ました。昔話を友人のご両親とお話したり美味しい料理をいただいてあっと云う間に3時間。夕方までにMSC.haraさんへ納車しなければならずお暇しなければならず出発する事に。
DSC_0320

実は友人はGS歴も長くこの度GS800からマイナー後の新型R1200GSLCに代替えしたばかり。ラリーシートにスポーク仕様、ステアリングダンパーと低速重視の改良…初期型の私のGSとはまた違った乗り味でした。
ダートデビューお待ちしておりますよ!

MachineartMoto X-Head LC取り付けました

DSC_0324

やっと春めいて来たので、外でのバイク整備開始です!
P9149030DSC_0315DSC_0180[1]BlogPaint

転倒回数二桁に耐えられず、BMW純正エンジンガードの変形(ヘッドとパイプの隙間がホンの僅かに)と取り付けビスのネジ切れで(衝撃でネジが飛びました)、この際ガードを取り外しXーHeadだけを装着してみました。
DSC_0364

取り付け用ネジも全て曲がっていました。。。外すときネジがうねって大変でした(笑)
DSC_0370

転倒で左右ヘッドやプラグカバーはザリザリ傷でいっぱい・・・でもヘッドアッセンブリー交換は財布にキツイのでなかなか出来ませんよね。
DSC_0232
      ↓      ↓      ↓    
DSC_0366

ラッキーなことにその傷がX-Headでキレイに隠れてしまいました!
DSC_0372

武骨なパイプガードも無くなってスタイルもスッキリ!暫くはガードを付けないで乗ろうと思います。
「またコケても大丈夫なの・・・」と言われそうですが、カバーの中に付属のクッションプレートも付いていましたので外カバーの傷だけで大丈夫でしょう!(笑)
ダートイベント時はパイプガードとX-Headの併用も可能との事なのでWで装着しますか。
※詳細はelsee.inkさんのFacebook内の「X-Head_LCとBMW純正エンジンガード併用に関する情報」で告知されてます。

私の変形したパイプガードでは修正修理しないと無理でしょうね・・・(´Д⊂)



3月も!

DSC_0331

2月に引き続き3月上旬(これでも例年より早い)に2度目のロングを敢行してきました。
毎年早春のブログに登場する松島海岸まで鼻水も流さず行けるなんて今年の太平洋側は暖かいのかな?
そんな天気に気を良くしてR45からR398を経由して完全復旧した牡鹿コバルトラインまで走り、オール一般道で400㎞!も走りこんでしまいました。

途中、石巻市に来ても被災地区でなかなか行くことが出来なかった「石ノ森萬画館」に立ち寄ってみました。館内は撮影禁止との事なので画像アップできませんが、仮面ライダーのバージョンの多さに驚きでした。(我が家は小さな子供がいないので疎いです)

DSC_0334

入場すると受付でコスプレ(サイボーク009)のおねえさんから記念品をいただきました!

DSC_0335

紅白のお餅です。
入場者250万人達成とのこと、皆さんも東北にツーリングの折には復興の一助に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

さて、今週も岩手は雪マークの天気予報が・・・次回のロングはこれまた恒例の「満開桜探しツーリング」です。どこまで南下したら出会えるかな?
DSC_0080

野口シート

DSC_0328

シーズンオフ中にシートモディファイを野口シートさんにお願いして完成いたしました。
まだまだロングツーリングでその真価を発揮するには程遠い季節ではありますが早く乗り心地を試してみたいところです。

DSC_0330

まずはフロントシートの表面を滑り止め加工にし前部を少しアンコ盛りしてもらいT-NETも挿入、ブレーキング時に前方へ身体が滑らないようにしました。
今まではブレーキング時と長く座っている時のお尻の痛みから逃れるために、頻繁に座り直しが必要でしたが走ってみた感じでは頻度が激減しました。

DSC_0331

幅などのサイズはノーマルを基本にシート高を調節可能なように最小限のモディファイとなっており、ロングディスタンス時に座面の高さをHi/Lo切り替えて膝の曲りの痛みも軽減出来る仕様のままです。

どうせ張り替えになるのだからもっとド派手なツートン色とか指定しても良かったのですが、見た目殆どノーマルみたいな感じにしました。(側面赤色なんてのもよさげですね!)

これでノンストップ400㎞走行が苦も無く出来るかな? 早くロングで試したいものです!
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール