Thohoku Long Distance

BMW R1200GS-LC/R1200GSA-LC/AFRICATWIN

TLD・・・「東北ロングディスタンス」
東北の山々の林道を出来るだけ繋いでロングに走るにはビックタンクが必須!勿論ロードの移動も快適に走るのは必然!そんな条件を両方ともクリア出来るのはBIG-OFF!

Touring

岩泉町へ

image:6559

アドベブラザーズのK野さんが岩泉町へ出向しているので、陣中見合いを兼ねて仙台のGS仲間達と押しかけました。

image:6562

スタートはいつもの「道の駅にしね」ですが、皆さんが集まる前に早朝K野さんと2人でウォーミングアップがてら(日の出と共に移動で100km以上走って来てるのですが 笑)林道を入れながら八幡平樹海ライン・アスピーテラインをぐるっと回ります。

image:6563

登りの気持ち良いワイディング!最高でした。
おっと余りゆっくりしているとメインイベントの集合場所に幹事2名が居ないという失態は避けなければ・・・

image:6579

定時前に到着しましたが、皆さんお待ちかねでしたので直ぐに出発!
うーん下界は今日も気温30度超え!早く涼しい山に待避しないとね!

image:6578

標高上げるも、路面も干上がって盛大なダストで面前が真っ白・・・あづい!
通行止め区間を何個もパスしそれでも数本のロングダートを走りながら岩泉町まで行っても暑いので、海岸沿いなら涼しいかもとちょっと足を延ばして田野畑村の海岸へ。

image:6568

いやぁ~やっぱり涼しいです~ 「鵜の巣断崖」・・・リアス式海岸が一望です。

image:6567

道中、32度の気温表示と容赦ない熱風が、ここでは27度と適度な涼風と絶景。
暫しこの展望台から動くことが出来ませんでした。

十分堪能して岩泉町のホテルへ戻り、埃と汗で汚れた躰を温泉で洗い流し、夕食の生ビールでの乾杯がこれまた最高!!!!
真っ白なダストの中スイーパーを務めて来た甲斐がありました。(T-T)
地産地消の海産物と岩泉町の山の幸盛りだくさんのお料理を堪能!(美味しすぎて画像ありません・・・)
※詳細は「トラットリア アクアモンテ acqua 」をお調べ下さい。

その夜はあっという間にほろ酔い気分で爆睡モードへ突入。。。。。。


2日目は打って変わって雨模様の朝となりました。

image:6580

ここで2班に分かれ、猛者班は林道復旧状況確認アドベンチャーに出発。
私は南下ルートでの帰宅班を担当です。

image:6575

猛者班は地元の人から「バイクなら行ける」との情報を得て進むと・・・大変だったようです。。。
本来は気持ちよいビックオフで楽しめる快適ルートをチョイスしなければならないのですが、まだまだ復旧まで相当待たなくてはならない様子。
猛者班の方々お疲れ様でした!

そんな猛者班とは違って快適ルートをひた走る南下班は、早池峰山から荒川高原のプチダートをチョイス!

image:6571

霧と雨で視界が悪い。
荒川高原は以前の北紀行の時に夜間の峠道で鹿ファミリーの道路横断に遭遇しているので、気を付けて走っていると・・・・霧の中から突然ピョンぴょ~んとバイクの目前を横切ってきました!
やっぱり!!それからはダート区間を何度もホーンを鳴らしながら走りましたよ~
だって、今年はバードストライクで被害に遭ってますのでね!
やっと舗装区間に出ると今度は道路の至る所にこぶし大のこんもり丸い物体が点々と現れます。
踏んで滑って転ぶのも嫌なので小刻みなスラロームして避けながら走ります。

image:6572

なんか牧野に動く影が・・・(見えるかな?馬の集団が)。そうだす!遠野は馬産地としても有名ですからね!
じっと数十頭集まって激しい風雨に耐えてました。

・・・・という事は、先ほどまで避けていたこぶし大の塊は・・・馬糞だったのね!
踏んでスリップしてあわやGS大破!にならず良かった~

もし転んだら「馬糞で滑って・・・」なんて言い訳誰も信じてくれそうにないですから~(笑)











道先案内人

北海道へ向かう静岡の友人を迎撃するため山形まで行って来ました。

image:6435

山形県遊佐町のキャンプ場へ早朝7時合流という事で、2週連続(先週は長野遠征)で早起きして下道で向かいます。
image:6436

ナビで到着予定時刻を確認しながら海沿いのローカル道をチョイス。先週に続き日本海沿いをトレース。(ホント海沿いが好きだね~)
合流時間より少し早く待ち合わせ場所に到着!

image:6437

早くも、友人たちはスタンバイモードで挨拶もそこそこに北を目指します!
行く先は秋田県「乳頭温泉」経由、青森県大間町へ、そしてフェリーで北海道上陸との事。
毎年、この季節は北海道にツーリングしている・・・近くて遠い北海道な私には羨ましい。。。

地元とうほぐ民ですので、快適な地元ルートを使い「乳頭温泉郷」までご案内します。

image:6441

国道7号を由利本荘まで海沿いを走り、あえて国道107号をチョイス!横手市へ向かいます。
田沢湖に向かうルート沢山あるけど、雨天と霧で鳥海山方面はキャンセルし、信号と交通量の少なさで選びました。
横手市からこれまたローカル快適ロード「みずほの里ロード」を選択。

image:6444

信号が殆どない「広域農免道路」です。田沢湖や角館へ向かうときは、湯沢市稲川町から始まる「雄平フルーツライン」とセットで一気に北へストレスなく行くことが出来るルートです。

image:6438

あっという間に田沢湖町へ到着!実は「乳頭温泉」は通り過ぎるだけでまだ行ったことが無い(トホホ

なかなか厳かな雰囲気の温泉でした!<「鶴の湯」
image:6443

乳白色で湯温低めでゆったり長時間浸かっても湯疲れしない混浴露天風呂でしたよ!
ここならまた来たいなぁ~(国道から温泉場までプチダートもあるし)

image:6439

私の道先案内はここまで。
本当はこのままご一緒に北海道ツーリングに同行したいところをグッとガマン・・・・定年になったら「行くぜ北海道」を目指しじっくり資金を貯めますか。

みなさんお気をつけて!

PS:下界に下りたらジャケット内で大量の汗が吹き出し止まりません。自宅に帰っても、これまた肌から立ち上る硫黄臭と玉汗!  凄い効能でしたよ!







還暦祝いツーリングDAY2

image:6179

2日目、長野市から松本市を経由し出来るだけ日本海沿いを北上し帰宅するルートです。

image:6244

この日は時間制限なし!(笑) 気ままな一人旅です。

松本城までは下道でまったり向うもこれからの道中を考え体力温存の為、城内探索は控え眺めるだけで出発しました。(前回の善光寺もそうでしたがまたリベンジするのが良いね~)
松本インターから上越市まで自動車道を北上し、大潟PAから北陸道R8号をチョイス。

image:6245

前日から山岳ルートばかりだったので、海沿いを走るのが気持ち良すぎ!
R352→R402で左手に日本海を添えてのツーリングが心地よく新潟市周辺まで楽しみ、新潟市内の渋滞を避けるため北陸自動車道巻潟東ICから村上市村上瀬波温泉ICへ向かいまた海沿いルートR345で鶴岡市まで一気に走ってしまいました。

image:6248

つくづく自分は海沿いのルートが好きなのだと実感しました!
このまま鶴岡から更に秋田へ、ついには青森の竜飛岬まで海沿いルート北上し、いつまでも走り続けたくなってしまいました。(ライディング廃?)

お気に入りなルート
1)ロングダート(30㎞超の林道)、2)海沿いのルート、3)山岳ワイディング・・・あっ高速道路はキライです(笑)

ですが、鶴岡から夜になり、更に土砂降りの雨につかまってしまい山越えルートで帰宅の道に。。。

image:6249

車が殆ど走っていない夜遅い県境の峠越えルート・・・闇を切り裂くLEDライトを頼りに淡々と走るのもこれまた乙なものですね(笑)

2DAYS1300㎞ツーリングのうち下道率が高いルートでしたがGSアドべのお蔭で疲れ知らずで楽しめました!
まだまだロング逝けますよ~

image:6246

ワイディング楽しみすぎたかな?こんな減り方初めて・・・(爆)




還暦祝いツーリングDAY1

image:6179

妻との旅行第2弾として今回も自分はバイク、妻は電車で移動し現地で合流というパターンが定着してきました(笑)
今度の合流場所は以前ソロで訪れ次回じっくり観光しようと思っていた長野市「善光寺」
image:6234

早朝3時の薄暗い中出発! 善光寺での待ち合わせは12時予定!(間に合うの?)

image:6220

早朝の空いている国道4号線を南下、霧が出ているけどこんな朝はピーカンの前触れと解釈し、泉インターより宇都宮まで高速道路を使い、いざ!「日光いろは坂」へ

image:6221

天気も良くなり、朝なので交通量も少なく快適なワイディングを楽しめました!
中禅寺湖沿いを眺めつつ沼田市へ日本ロマンチック街道を草津温泉まで山中を進みます。

image:6224

なぜか、草津温泉のシンボル「湯畑」に迷い込み、湯畑を3周もしてしまいました。。。

image:6225

本当はじっくり観光とか温泉に浸かりたかったのですが、合流時間がタイトの為先を急ぎます。
道路や風景を観ると「磐梯吾妻スカイライン」に似ているなぁ~

image:6227

万座温泉を越えればもうすぐ長野市・・・時計は11時を過ぎていました。

image:6228

「万座道路」は道幅狭く九十九折のコーナーが100以上も続き(まるで岩木山みたい)慎重に走り、やっと須坂市へ。
もうすぐ長野市とナビを確認しつつ向かうバイパスは渋滞・・・

image:6230

山頂は天国でしたが下界は「灼熱地獄!」盆地だからなのか気温30度越え!!
オールシーズンタイプの防水ジャケットなので熱で死にそうです。

合流時間からちょっと遅れましたが13時少し前に到着できました。

image:6231

休憩など取らず走りっぱなしでしたが快適な山岳ルートのお蔭で無事走りきることが出来、念願の善光寺参りと信州そばをいただきました!
・・・・さすがにその夜はバタンキュ~明日の帰路も楽しまないとね~ (DAY2につづく)

タンデムツーリング

RIMG9057

BMW GSを購入したのは妻とのタンデムツーリングで快適な事も一つでした。
アフリカツインもツーリングバイクでしたが、モディファイした為サスストロークがアップしブレーキングの度にノーズダイブするのが不評でタンデムで出かける事が少なくなりました。(車高もアップし野口シートも付けたら足つきが悪くなり、信号待ちでタンデムで立ちごけをしたことが一番の原因かも・・・笑)

そんな状況の中唯一GSなら「平坦でまっすぐな道(高速道路)」だけはタンデムしてくれます。
今回は、現地集合で妻は電車で、私はバイク!
良いとこだけタンデムで走るという条件で旅行を計画しました。
今回私の東京出張に併せるもGS自走での東京入りは諸事情により断念、泣く泣く都内に住む長男所有のCRF250Mを借りて千葉までソロ移動、九十九里浜有料道路をタンデムで流す予定でした。

・・・が、慣れない250のモタード(シートが薄っ!!)都内の渋滞とナビに翻弄され埼玉の原サイクルさんに着くころには早くも疲労困憊。
そんな私の様子を見かねたのか原さんから「奥さんとタンデムですか!そういう訳なら特別に試乗車お貸ししますよ~」とありがたいお言葉!!

image:5973

走行僅か100㎞のBMW RS1200 試乗車をお貸ししてくれました!
「慣らし運転してくれればOKです!ナビも付けときますね~」
勿論丁寧な慣らし運転をお約束します!!
関東は知らない道ばかりですし、ナビで一般道主体モードで走れば4千回転以下でのクルージングになるし、ゴーストップの連続で頻繁なギアチェンジで慣らしには最適でしょう!借りた新車で変なことは出来ません!
越谷から千葉沿岸までの下道150㎞、初めてのRSはGSと同じ水冷フラットツインなのでボジション以外は何の違和感もなくしっくりと馴染んできました。

image:5984

千葉の海岸沿いの駅に電車で来ていた妻をピックアップ!
念願の九十九里浜ツーリングはメインの有料道路が工事の為全面通行止め!(なんて運が悪いのでしょう 爆)
仕方なく勝浦まで南下するも道路沿いから海が見える区間の少なさ・・・海岸沿いを長~く走るのが目的だったのに。。

image:5974
image:5975

でも、天気が良く、快適なRSでのタンデムツーリングとこれまた夜は温泉とお魚郷土料理に舌鼓を打ち、夫婦共大満足でした!

image:5985

これに気を良くしたのか、妻は次回も別々に電車とGSで現地集合しタンデムツーリングを計画中!
河口湖駅でピックアップし富士山周辺をぐるっと回り、伊豆までタンデムしたいとか。
果たしてどうなることやら・・・何と云っても直線主体の道路じゃないとタンデムしてくれない妻なので山岳ワイディングはヤバいかも(爆)


満開桜

毎年ツーリング先で一足早い満開桜に出会うのが恒例でしたが、週末勤務の為ツーリング出来ないうちに近所の桜が満開に。。

image:5688

仕事で訪れた盛岡の石割桜を小学校の遠足以来(うーん一昔だなぁ)観てきました。
あれほど春の陽気が続いていたのに今週末はまたもや一桁気温に逆戻り・・・北の方は低温予報なので南下してみようと宮城→山形へ早朝6℃の中出発しました。

先週、あれ程暖かかったルート↓
image:5653
うひゃーー寒い寒い!(今週は寒いので立ち止まって写真撮る気にもならず通過)

R47の鳴子経由で残雪残る県境を超え最上川沿いを西へ一気走り。
海に近い鶴岡市まで来てやっと気温10℃超えでホッと一息ですた!

image:5692

鶴岡市内の桜は早くも散って終わりそうな状態でしたが、河原でお日様を浴び暫し充電。
帰りは海沿いで秋田県を北上し、R107の横手市経由でまた峠を越えて岩手に戻るルートをチョイス。

image:5694

海岸沿いは気温も少し高めで寒さで凝り固まった身体もほぐれ、恒例の春先の日本海を堪能できました。
(それでも気温12℃なんですけどね)

道中、白バイさんとも沢山出会い(鶴岡市内では同じ白バイさんにいろんなところで遭遇)、いよいよ取締りもシーズンインですなぁ~

東北六県をツーリングしていていつも思ういのですが、私が違反で捕まったのは宮城県警のみ!
宮城県は総じて取締りに積極的?なのもあるけど、一番の違いは一般道や田舎道(県道)は殆ど制限解除区間(最高速度60㎞/h)が無いことです。(4車線の国道4号などはOK)
殆ど車が走っていない山中の田舎道でも30㎞/h~50㎞/h速度制限の標識だらけで気が抜けません。
特に県境では宮城県に入ったところに必ず40㎞/hの標識があり、そこで待ちかねたように取締りしていることが。。。
(岩手県境は60㎞/h制限が多くそのままのスピードで県境を超え宮城県に入ると即20㎞/hオーバーでアウト! 泣)
だから宮城県内でのツーリングは気を使います。他の5県は余り感じないのは私だけでしょうか・・・安全運転に徹しましょう!



はるうらら

週末出勤なので平日に代休を取ったところ、春本番を思わせる陽気の中走ることが出来ました!

image:5652

春の交通安全週間期間中の為所々でレーダーを見かけましたので、お日様を浴びながらマッタリとオートクルーズで宮城県北部周辺を遵法走行してきました。
桜の木はまだ蕾でしたが、所々で咲き始めている木もあり開花目前というところでしょうか。

image:5653

帰り道は暖かい春の陽気を満喫しつつ、メイン道路の取り締まりを避け山間部のルートを選択。
残雪があっても気温10度以上あり快適です!

image:5655

気を良くして栗駒山の登山入口まで登ってしまいました。

image:5654

案の定、残雪で道路が閉鎖されていましたが、前回までの春先ツーリングに比べると全く寒く感じないのでこんなところまでやって来れました。

image:5673

これからのツーリングは県境の峠を越えたロングツーリングが出来る事でしょう。
今年もガンガン走りますよ~





走り始め!2017

image:5124

翌週の週間天気予報では連日雪マークが出ている週末の晴れた日曜、すかさず春恒例の「沿岸ツーリング」を敢行してきました!
昨年は、2月中に行いましたが今年は例年通り3月となりましたが、寒さを我慢すれば走ることができるので出来るだけ出かけるつもりです。

image:5126

朝のニュースで宮城県南三陸町の復興モール商店街の番組が報じられていたので、ついでに立ち寄ることに。いつもは空いているR45が街に近づくにつれ渋滞が発生し、大変混雑していました。これからも沢山の来場者で復興が続くことを願っています。

込み合っている南三陸町から北上し気仙沼方面へ向かい、いつも立ち寄る大谷海岸へ。

※6年前の画像↓
NEC_0007
NEC_0006
NEC_0008

震災から6年・・・・瓦礫は片づけられてはいますが建物はまだまだ少なく、新しく整備された漁港から過って賑わった海水浴場を眺めつつ早く元通りの街並みに戻ってほしいと三陸の沿岸に来るたびに思わずにはいられません。

image:5132

image:5131

このBLOGでもいつも沿岸ツーリングの記事が殆どを占めますが、毎年何度も走りに行く福島から八戸までの沿岸ルート・・・・これからも通い続けようと思います。

本格始動!?

image:5087

2万キロ点検でディーラーに預けるも約1ヶ月程雪で引き取りに行けませんでしたが、2月中旬に何とか回収できました。帰宅途中に雪が降ったりとまだまだ真冬日な2月ですが、平地の国道には雪が積もってもすぐ溶ける日々に。
そんな3月間近の休日、早朝に降り積もった小雪が解けだしたのをみて本格的な初走りに出かけました!

image:5106

いつもの走りなれたワイディングですが、日陰や見通しの悪いコーナーなどは残雪や凍結に注意し確認しながらゆっくり通過します。

image:5108

少し山側に入っていくと・・・残雪が増えてきました。

image:5107

レインモードで残雪を避けながら・・・・

image:5110

うっひゃー まだまだ春は遠い!(3月になっても最低気温は-7°なんてのが全県で記録されてます)

ここで無理せずUターン・・・・が、滑って立ちコケしてしまいました。。。

いやぁ~寒さもありますがライディング中、身体が堅く無駄な力が入りっぱなしでギクシャクした走りに。
このあと、日頃使わない筋肉が悲鳴を上げて数日筋肉痛でヨタヨタ歩きです。
本格的なシーズンインまで徐々に慣らし、ロングツーリング出来る身体にしていこうと思います!

ロングダート

北岩手のダートもロングですが、一本40㎞オーバーのダートルートはあまり無いはず。
11月から7月まで閉鎖され、走られる期間が限定される白神山地を横断する白神ルート「弘西林道」
7月に通行止めで行けなかったのでリベンジしてきました。

image:297

今回も下道ルートで盛岡、田沢湖経由、R105北上し能代へ抜け、八森町というルートです。

image:298

八森で昼食をとり白神ルート起点の深浦町へ。

image:302

7月に続きまた通行止め!?・・・と目を凝らすと支線でした。
舗装路を十数キロ走るとダートが現れます。

image:303

秋田深浦側はタイトなコーナーと道幅も狭く、ダートも道の両脇が結構荒れ気味で、対向車も多く慎重に走るガマンが続きます。

image:304

青森側に入ると結構フラットなダートになりコーナーも緩くなりホッとするも、その分対向車のスピードも上がり気味でオーバーラン気味に突入して来るのでこれまた気が抜けない。。。

image:305

でも舗装路近くの最後の数キロのダートはフラットで見通しも良く、気持ちよく走れ一気に貯まったフラストレーションを解放できました!

image:306

ダート区間のみ約43㎞!20年前の頃から40㎞オーバーを維持しているのが驚きです。最近の林道はどんどん舗装化を進めているのが現状ですから今回は更にダート区間が短くなって30㎞位になってしまっているかと思っていました。これだけのロングな林道ダート区間を維持するのは大変だろうなぁと思う反面、いつまでもこのままで残っていて欲しいと願わずにはいられませんでした。

まずは白神ルートのリベンジを果たし、弘前に抜け前回と同じ帰宅ルートR282するだけでは面白くないので、今回はR102経由で十和田湖へ。

image:308

田沢湖と十和田湖を半周づつ(なんと中途半端な・・・)走り、R282を南下しR4で帰宅しました。
うーん、GSアドべに乗り換えてから高速道路を使わず一般道を走る距離が格段に伸びてます!
60歳近くなってから距離が延びるなんて、GSマジックだす~
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール