Thohoku Long Distance

BMW R1200GS-LC/R1200GSA-LC/AFRICATWIN

TLD・・・「東北ロングディスタンス」
東北の山々の林道を出来るだけ繋いでロングに走るにはビックタンクが必須!勿論ロードの移動も快適に走るのは必然!そんな条件を両方ともクリア出来るのはBIG-OFF!

Off Road

GSプチミーティング


SNSのGS繋がりな仲間で福島ヤップランドにてプチミーティングがあるということで参加してきました!

image:5767

GSなどのビックオフでダートコースを遊んじゃおう!と云うことで遠くは関西からも参加者が(凄いですね)。
内容は各人自由のゆる~い走行会。ガンガン走りたい人、初めてのビックオフでのコース走行が不安な方は仲間と一緒に助けてもらいながら走れる機会なので安心して走行できます。

image:5769

最近ガンガン走るのは無理な私は1Dayのみ、タイヤもノーマルでの参加。アドべでガシガシ振り回すのはもう出来ませんのでね!
爆走するGS仲間を羨ましく眺めていると、仲間から「ダートの初心者講習お願いします!」と依頼が・・・今回は元GSトロフィイー日本代表や現役バリバリのGS使いな方々が参加されていましたが中級組を担当するとの事で、私が僭越ながら初級組を担当することに。

image:5771

image:5773
image:5772

初級組のスキルを観るために基本練習をしながら身体をウォーミングアップ。皆さんのレベルが結構高く基本練習もそこそこに早速エンデューロルートへコンボイでチャレンジしました。
深い轍や林道では遭遇しないバンクなどがあるロングコースを助け合いながら完走を目指します!

image:5778
image:5774
image:5777

「うめさん!前走の女性ライダー 煽ってる~」な、連続写真ですが違いますからね!(笑)
右の▲ポストがゴールなので最後だけアクセル開けてみた画像を戴いたので貼り付け。

元気そうに走っているのはこの時だけ・・・この後もう一周するとやはり持病の腰痛がまたもや再発。
ロードツーリングなら一日乗っても大丈夫なのですがアドべでダートを走ると覿面です。
昨年もGSトロフィー2日目に腰痛で早退、仲間との北岩手ルート開拓でも・・・還暦になって一気にヨワヨワになりつつあります。

そんな訳で昼休憩の後講習もそこそこにコースをお暇し、腰痛緩和の温泉に行こうと思案していると地元福島のGS仲間から近くの温泉までアテンドしていただけることに。
f16b070f

高湯温泉共同浴場に到着して、ブーツを脱ぐと腰がもう伸びない状態にまで悪化。前かがみな恥ずかしい姿で温泉に入りました。
入浴しながらひたすら患部をマッサージしていると少しずつ痛みが軽くなってきました。温泉効果てきめん?
暫くや休んで元気が出てきたので帰りの快適ルートも教えてもらい、このままスカイラインを南下し喜多方→米沢R121→R13を北上、尾花沢からR347で大崎へ出て高速道路で帰宅する事にしました。
※Tatsuoさん途中まで同走ありがとね~

(※前回もスカイラインは雨模様でしたのでまたリベンジしますね)
DSC_0114[1]

道中、雨模様や夜間の峠越えもありましたが、終始温泉効果で全身ぽかぽかで無事帰宅する事が出来ました。
ダートメインなイベントはもう難しいですがこれからもロードツーリングはまだまだロングで行きたいと思います!




2016秋 DOA鮫川

image:3729

今年もDOAに行ってきました!
前回と同じくSTAFFとしてお手伝いでしたが、同じ福島で強烈な雨男軍団が集う某イベントも開催されていたとかで2日間雨模様でした。

image:3730

昨年に続きカメラマンとしてエントラントの撮影なのですが、雨の中での長時間待機や水滴が着かないようにしてもレンズが曇って苦労しました。

GPSで入力した座標が間違っていてCP1やCP2にたどれ着けず、迷走したりしながらオンコース探しするはめに・・・

image:4053

そんな雨中でも何とか撮影しやすいところで待機。(↑岩の上でカメラ抱えてます)

image:4054

昨年の反省から、雨具・椅子・食料・おやつ・着替えなどパニアに詰めて来たので少々の事ではへこたれません。
オンコースを走りながら撮影ポイントを物色し、いつ現れるかわからない参加者を待ちひたすら待機・・・風や雨音、木々のざわめきの中、空耳かと思うくらい遠くから伝わってくるエキゾースト音を聞き分けられるようになってる自分に驚く(確か老人性難聴だったはず・・・(笑))。

image:3702

ほぼ全車の撮影を終え、暗くなった夕暮れの林道を慎重に進み本部へ戻る途中・・・突如、人影が!!

「助かりました~」とお助けコール。

image:3703

聞けばバイクごと訳も分からず道路から転落したとの事。2人では引き上げることが出来ない事を確認し、この場所をGPSに記憶させ、全く無傷だったライダーとタンデムで本部まで帰ることに。
1200GSでのダートタンデムは、ギャップで安定させるためちょっとスピードを上げて走ることを伝え「大丈夫です!」と言いつつ、加速するとギュッと掴まれ緊張するのが伝わってきました。
そうだよねぇ~崖落ち冷めやらぬ不安な状態で、これまた初めてのビックオフでの夜間ダートタンデムは底知れない恐怖だったかも。。。(笑)

本部に戻り有志を募って再度現場へ行き引き上げ、走行可能なことを確認して自走で帰ってきました。
怪我無くてよかったね!


2日目、午後からなんとか天候が回復し一瞬日が差したので、濡れたグッツを広げ乾かしたり

image:3733

image:4055

やっと、気持ちよく走れそうですが日陰はまだまだちゅるちゅる路面・・・今回のDOAが雨で引き締まった砂利ダートが簡単で、逆に苔むした舗装路がスケートリンク並みに滑り、難敵だったとか。

image:3735

2日目は1日目より総距離も伸びダート率も高めの為、スタート時間を早めたにもかかわらず、CPタイムアウト続出で完走者が50台を切ったとか・・・・でも、ロングダートを満喫できたようでなによりでした。

翌朝、いつもの「アドべ兄弟」で一路岩手へ
今回初めてDOAに参加したK野さん、「来年もでようかな。」と楽しめた様子。

image:3738

東北で開催される初級者でも出られ、スキルも上達する気軽なイベントDOA・・・超マイナーでいつまで続くか判らないけど、ダートをいっぱい楽しめるんだからもう少しお手伝いしようと思ってます。





ロングダート

北岩手のダートもロングですが、一本40㎞オーバーのダートルートはあまり無いはず。
11月から7月まで閉鎖され、走られる期間が限定される白神山地を横断する白神ルート「弘西林道」
7月に通行止めで行けなかったのでリベンジしてきました。

image:297

今回も下道ルートで盛岡、田沢湖経由、R105北上し能代へ抜け、八森町というルートです。

image:298

八森で昼食をとり白神ルート起点の深浦町へ。

image:302

7月に続きまた通行止め!?・・・と目を凝らすと支線でした。
舗装路を十数キロ走るとダートが現れます。

image:303

秋田深浦側はタイトなコーナーと道幅も狭く、ダートも道の両脇が結構荒れ気味で、対向車も多く慎重に走るガマンが続きます。

image:304

青森側に入ると結構フラットなダートになりコーナーも緩くなりホッとするも、その分対向車のスピードも上がり気味でオーバーラン気味に突入して来るのでこれまた気が抜けない。。。

image:305

でも舗装路近くの最後の数キロのダートはフラットで見通しも良く、気持ちよく走れ一気に貯まったフラストレーションを解放できました!

image:306

ダート区間のみ約43㎞!20年前の頃から40㎞オーバーを維持しているのが驚きです。最近の林道はどんどん舗装化を進めているのが現状ですから今回は更にダート区間が短くなって30㎞位になってしまっているかと思っていました。これだけのロングな林道ダート区間を維持するのは大変だろうなぁと思う反面、いつまでもこのままで残っていて欲しいと願わずにはいられませんでした。

まずは白神ルートのリベンジを果たし、弘前に抜け前回と同じ帰宅ルートR282するだけでは面白くないので、今回はR102経由で十和田湖へ。

image:308

田沢湖と十和田湖を半周づつ(なんと中途半端な・・・)走り、R282を南下しR4で帰宅しました。
うーん、GSアドべに乗り換えてから高速道路を使わず一般道を走る距離が格段に伸びてます!
60歳近くなってから距離が延びるなんて、GSマジックだす~

北岩手でサソリを試す

image:7815

ワイルドからサソリタイヤに履き替えたところ、北岩手道先案内人?のK野さんから「北4のトレーニングがてら走りますけど・・」とお誘いがあり、腰痛は完治してないですがいそいそと出掛けることに。。。

image:7813

今回はK野さんと同じく北4にエントリーし、TLD仲間である青森のJちゃんもお誘いして、いつもの北上山系ではなく秋田県境の奥羽山脈系ルートを走りこみます。
当日は天気も良く下界の真夏日をしり目に気温は23℃程。リゾート地の安比・八幡平周辺のロングダートをチョイス。

image:7811

BIGOFF向きの手入れの行き届いた小石の直線主体の林道・・・

image:7810

ノーマルサソリタイヤでもアナーキーワイルドを履いたアドべ先導車に遅れることなく付いていける、快適なペースで腰痛をカバーするためスタンディングで数本のロングダートを満喫。

昼食を挟み、折り返しルートもこれまたロング・・・

FB_IMG_1466338940252

帰りのダートは土系のダートで、本来大好きなのですが湿っている土には要注意!と反芻しながら、日陰のダートでは特に慎重に走りつつも・・・・

image:7818

またやってしましいました。

received_480927575365346

ノーマルフロントタイヤがスリップし転倒、滑走しながら180度回転して停まる。
ノーマルタイヤで幾度も繰り返してきた転倒パターン・・・ブロックタイヤならリカバリー可能なのですが、またやってしまいました。

BlogPaintimage:6875

ノーマルタイヤで走る時はペースセーブして走るようにしているので、怪我なく損傷も軽微ですがまったく懲りてませんね。

image:7817

複数でペースに合わせる時はブロックタイヤ装着で安全に。
ノーマルタイヤの時はソロの時の様に慎重に。

サソリさんタイヤが余りにも乾いたダートでのグリップが良いので過信しすぎていたかも。

FB_IMG_1466338951652

今回もアクシデントはありましたが200㎞中半分はダート区間という北岩手ルートを堪能。
次回は今回の秋田県境西側ルートから東側沿岸ルートと繋ぎ、総ダート300km超えルートを確立しようと計画中です。
岩手県の林道、最高ですよ!











トレーニング

6月のGSトロフィー初参加に向けて、福島へ秘密トレーニングに行ってきました。
image:7320

MXコースと1周6kmのエンデューロコースが併設されたコースを6・7人程の貸切状態でした。
その中へドデカイGSが乱入!
「ウソだろ~?」みたいな視線を集め、練習を始めます。

image:7319

IA赤ゼッケン#2の優しいベテラン選手を除けば殆どが初心者の方で、ローカルなコースで安心して同走することが出来、平地や斜面での8の字走行で身体をほぐし、いよいよ林間EDコースへチャレンジ!

モードをエンデューロPROへ変更し、ウォッシュボードやアップダウンは今回のドライな路面ならアドべでもグイグイ進んでくれます。
但し、林間の日陰に横たわるヌチャな轍の区間は慎重にいかないとスタックしてしまいます。
10か所ほどのヘッドが突っかえそうな深い轍も苦労しながらクリア!
スリップサインの出たノーマルタイヤでも、しっかりヌルヌルから脱出できたのには驚きでした!

image:7377

気をよくして休憩後、再度更に奥まで・・・いや~欲をこくと手痛いしっぺ返しが。。。
前、走った轍がその後の走行で更に深くヌルヌルに。。。

何度もヌタ場で押しの練習・・・・余りに可哀そうにと見かねたのかMXの方々にアシストしていただき、最後の難関、滑り落ちるしかない急斜面を皆さんに見守られながら、なんとかクリアしてスタート地点へ戻ることが出来ました!

一人でチャレンジしていたら間違いなく遭難?(きっとオモロイ画像盛りだくさんでしたが、本人脱出に必死で撮影する暇もありませんでした・・・)

お蔭様で究極のアドべ使いを体験することが出来、限界を知ることが出来てとても良かった走行練習となりました。
GSスキルチャレンジに向けて貴重な体験を生かすべく、タイヤをアナーキーワイルドにしてチャレンジしようと思います。(勿論、身体もGSも壊さないようにね!)





ロングダートのルート開拓

10年程前までは県南部でも1本20km超のロングダートを殆ど舗装路を走らずに複数繋げた100kmオーバールートが可能でしたが、舗装化や林道を生活道路として使っていた牧場が廃業したり、伐採運搬林道の整備放棄で路面が荒れ放題となり、ビックオフでは手強いアタック系ダートに変わってしまい走りに行くことも無くなっていました。
最近、北岩手のロングダートを経験し、再度県南部のダートも探索です。

image:7071

さて、自宅から8km程の山間から始まるダート6本(ダート区間40km)のルートは毎年走っているので、今回はそのルートからのさらに延長を目指し、種山ケ原周辺を一気に探索です。
image:7072


1本目・・・数年前、工事中のところ途中まで走った林道をチョイス。
手入れも行き届きフラットダートで見晴らしの良いルートになっていました。
image:7074


2本目・・・走ってみると途中から1本目の分岐に合流し、周回するルートとが完成。
image:7073


3本目・・・毎年走っているルート。途中、雪解けによる短いガレ区間がありますが、ほぼ下りのルートで次のロングダートへの繋ぎとなります。途中、複数の分岐がありナビを見るとそれぞれループルートが出来そうです。
image:7075




4本目・・・県道から山の中腹に見え隠れするガードレール・・・でも入り口が見つからず探したところ、10km程のルートでした。なんとか入口を探し出しビックオフでも走られる新規ルートを発見できました!
image:7076

この4本で約35kmを加え、ここから大船渡方面のロングダートへ向かうか、遠野方面の多彩なダートへ向かうのも良し!1Day100kmダートルートは可能です。

image:7077

今回、ビックオフ単独でのルート探索でしたので、無理せず分岐からの荒れたダートでは引き返すなどナビではまだまだ道が続いているルートを複数キャンセルしましたが、そのルートは次回にでも仲間と一緒に探索してみますね。

ご近所のダート開拓

以前紹介したご近所の「世界遺産平泉プチアドベンチャールート」周辺を更に探索してきました!

image:6870

まさか世界遺産の中尊寺・毛越寺の裏山にひっそりとダートルートがあるなんて・・・と驚かれるのですが、今回はその紹介ルートからの枝道探索です。
ショートダートながらその数10本!繋いで走ると30㎞程の周回コースが出来そうです。
但し、手入れの行き届かないダートも・・・倒木と藪の続く区間があるビックオフ泣かせのダートもありましたので1本だけキャンセル↓
image:6869

でも周辺には個性的なルートが次々と現れ楽しめます。
image:6871

牧野でのアップダウンやストレートダート・・・

image:6895

渓流沿いの林間コース

image:6874

結構走りごたえがありました!
調子こいて最後にもう1本とダートに踏み入れると・・・

image:6875

まぁいつものパターンでして、アウト側の堅い路面をチョイスれば安全なのですが、どうにもヌチャ路面を見つけると思わずチャレンジしたくなる悪い習性が・・・フロントが流れていつものパターン。
アクシデントに備えてのチャレンジなので怪我も損傷もありませんが、そろそろ教訓として生かしていかないとね。。。

今回のルートは結構、狭いエリアでご案内できるビックオフ地元推奨!お試しルートとして皆様にご紹介できそうです!
(ALLナビで表示されるダートルートだけですので迷子になりませんよ)

走り納め・・・

昨秋と同じく岩手のダートメンバー3名で雪の北岩手の再現でもと思いましたが、北岩手の山々はもう10cmの積雪とのことで、今回は無理をせず県南部のうめ庭周辺のダート繋げて沿岸部までのルートとなりました。

image:4910

「旧うめさん号」のアフリカツインに k野さんのLCアドベ。そして今回は「真うめさん号」?のLCアドベでデビューです。GSLCとは違い足回りがよりダート仕様になりステアリングダンパーも標準装備。さらに低速もモリモリです。GSLCと乗り比べると圧倒されるビックタンクの影響かGSLCがまるで軽量車かと錯覚する程。。。ダートで振り回すならGSLCの方が向いていますね。

image:4908

そんな違いに慣れるため私のライディングもアドベに合わせなくてはならなくなりました。
シッティングメインのパワースライド系の乗り方では1200GSの強大パワーを制御出来なくなって路外逸脱・・・
要はリアのスライドに上体が流れてバランス取りが遅れ制御不能のパターン。友人のM井さんからのレクチャーを受けスタンディング主体に改造することにしました。

image:4909

ダート区間全行程をスタンディングで走っているうちに、リアのスライドが積極的に制御出来る感じが掴めてきました。本当は何度も走りスタイルを確立したいところでしたがもうシーズンオフ・・・来シーズンに持ち越しです。

image:4907

さて、今年最後のダートツーリングに相応しく、山中には積雪も少しだけありましたが概ね天気も良く楽しめました。途中K野さんのくたびれたタイヤ(殆ど溝なし)がダートで悲鳴を上げます。
後ろを付いて走っていると何やらリアタイヤがコーナーの度に扁平に・・・そうですパンクです。

image:4914

早速、パンク修理です。モチュールの瞬間パンク修理材をタイヤに投入!みるみるタイヤが盛り上がり走行可能に!

image:4912

いや~良い仕事しますねぇ!私も次回からパンク修理材をリアバックに常備することにします!!

そんなアクシデントもツーリングの醍醐味?
image:4920

今回は私のアドベデビューに敬意を表してフラットダート主体のルートを選択したためロングダート4本をチョイスしましたが(途中数本のダートをキャンセル)あっという間に沿岸の陸前高田まで横断してしまい、アドベには物足りない距離かもしれませんがスタンディングに慣れるには丁度良いルートでした。

アドベに慣れ思いのままに操縦出来るにはまだまだ時間が掛かりそうですが来春までお預けです!
遅い春を気長に待ちますか!
image:4917


軽く逝きますか!

image:3168

お盆前の休日。
いつものビックオフメンバーにて今回は軽いヤツで林道を走ることになりました。
今回は岩手、秋田県境の真昼岳林道周辺を探索することにし、トランポに同乗して集合。
10数年前はビックオフで気持ち良く走れたフラットダートエリアですが今は結構ガレているとの事。
image:3172

アタック好きの2人にBETA250にCRF-X改、そしてtm125の3台が揃うと、何やら不安が・・・「腰の調子が悪いのでアタックは遠慮するね!」と前置していざ出発!
2年ぶり?なtm2ストに慣れず、早くも2度ほどコーナーでスライドして軽くスリップダウン。。。ずっとGSばかりで走っていたのですっかりエンデューロバイクでの走りを忘れていました(ABSやトラコンに安住していたなぁ)
image:3175

途中、先行する2台は林道を外れ、何やら脇道の山道をヒルクライム。
「始まったか・・・」と付いて行かなきゃと必死こいて後に続きます。
image:3173

登りが短めで路面も良くtmのお蔭で登り切り一服。
この位ならバイクの性能で何とかなるね!と安堵し、休憩後林道に戻り更に進むと
image:3178

林道が流されて寸断・・・・アタックは無いって言ってたよなぁ。脇の方に何とか渡れそうなルートがあり三人で協力して一台ずつ持ち上げます。
image:3176

ここで、やっちゃいました。足場が悪い斜面でバイクを押している時に腰が・・・・
痛くて背筋がまっすぐ伸びません。。。
すぐ持参していた湿布をべたべた貼り冷却パックで患部を冷やし応急処置(準備だけは良い)。
午前中、約90㎞程ダートを織り交ぜて走り、トランポに一度戻りやれやれと思う束の間、相棒たちは午後の100㎞程のルートを相談しガソリン補充を開始。。。
トランポで来たことが災いして(tm125で帰宅するにも下道ロングを走らないと帰れません)午後も付き合う羽目に。
image:3179

気を使ってくれたのか南本内林道の比較的フラットダート主体のルートを選択してもらうが、今度は殆どがダート・・・ガレやギャップの度に腰が痛むので、相棒のS藤さんが気を利かしてくれてtmからマイルドなCRF改へと交換してくれました。
セル付きなのと厚めのシート、トルクフルなエンジンで楽させていただき、その後の藪漕ぎルートも無事走破でき全行程200㎞殆どダート(エンデューロバイクではちょっとロングでしょ)を完走できました。
image:3182

たまにはビックオフじゃなく、エンデューロバイクの林道ツーリングも良いね!と思いつつ、この2人と一緒だと何処でわき道に逸れてアタックが始まるかととても不安です!(笑)
「また走りましょう!」の言葉にちょっと不安が・・・やっぱりビックオフでフラット林道に行きましょ!

BIG OFFROAD CULB 東北キャンプ

昨年に続き、同じ白河の関で開催されるということなので、
急遽日曜の朝4時半に出発!  無理くり押し掛けてまいりました!
image:2938

突然の訪問にもみなさん暖かく迎えていただき、早速ちゃっかり合流。
image:2940

毎度のビックオフ集団でのダート三昧・・・やっぱりビックオフはダートだね!
今年も昨年のルートをチョイスするとの情報を得、リベンジを誓ううめさんでした。
BlogPaint

昨年、同じ場所で往復時2度もコケた因縁の場所!
走りなれた「ツアランネクスト」で訳も分からずフロントタイヤを取られ玉砕転倒した場所です。
今年は、そのあとのDOAで使用し一度の転倒もせず完走した「カルー3」を履いてリベンジしようかとも思いましたが、今回は新顔「アナーキー3」でリベンジにチャレンジ!
DSC_0337

結果は?   『いがったですよぉ~』(笑)  

明らかにツアランスよりダート向きです!新型GSのトランクションコントロールエンデューロモードベストチョイスなタイヤです!!
フロントも因縁の場所で「ニュルッ」っと来ましたが何とか持ちこたえました。(正統派カルー3の性能には及びませんが)
ダートで試乗したクラブT会長も驚嘆した模様。。。ブロックタイヤと変わらぬグリップ感に脱帽のようです。
image:2941

今年も昨年崩れて通行不能だった場所でUターン、また因縁の場所を通過し往復完勝でした!
image:2945

会長にGSを譲り、暫し年少のころを思い出しつつミニバイクでビックオフを後ろから煽りまくる!?(ついてくのがやっとでした(笑))

次週の北岩手イベントは安全を考えてカルー3に履き替えようと思ってましたが、自信を持ってアナーキー3のままで参加します!!

月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール