Thohoku Long Distance

BMW R1200GS-LC/R1200GSA-LC/AFRICATWIN

TLD・・・「東北ロングディスタンス」
東北の山々の林道を出来るだけ繋いでロングに走るにはビックタンクが必須!勿論ロードの移動も快適に走るのは必然!そんな条件を両方ともクリア出来るのはBIG-OFF!

TLD

砂遊び

いつもTLDで移動する東北コンビ。冬期間はやはり二人ともバイクに乗れない冬眠期間ですが、今回はトランポで遠征することに。
IMG_547s
いつもコンビでビックオフでの自走ですが、今回は冬期のためトランポに積める軽量バイクでの遠征。交代で運転なのでちょっとラクチン?
IMG_72s
トランポから降ろしいざサンド遊びへ
IMG_502s
雪国で数ヶ月冬眠していた感触を取り戻すべく久々のオフロードへ!
「走る走る!  気持ちイイイイ~」
NEC_027s
身体慣らしと休憩を挟んで、ロングな砂浜を堪能する。やっぱ砂浜は軽量エンデューロマシンの独壇場?水を得た魚のごとく走ります。
tm5503
調子に乗ってコンナ事や・・・・
IMG_505s
お決まりのシーンまでてんこ盛り!!
ふかふかサンドなんで痛くないのがいいね。
ousyu
おっと!落とし物、忘れ物には注意!・・・ですね!

Door of Adventure 2011in 会津 Day2

寒さで何度も目が覚める初めての晩秋のテント泊・・・昨晩のアルコールが足りなかったか。
2日連続の寝不足で夜のロングディスタンスがちょっと不安な朝を迎えました。
NEC_0015
不安と言えばDay1途中で電源喪失の症状が一回(すぐ復帰しましたが)。果たして完走・帰宅できるか・・・行けるところまで行くと言うことでスタートする。
NEC_0013
朝一のダート区間で早くもエンジン不調に・・・断続的にエンジンカットに見舞われ林道脇に停車。ホッピーズのみんなにリタイヤするので先行して下さいと宣言するも、みんなで修理することに・・・ありがとうございました。しげさんが後続でやってきたミサイルファクトリーのO川さんを呼び止めいただき早速観て貰い、原因はバッテリーの端子の緩みとヒューズカプラの腐食・・・・バッテリー交換したばかりなので見落としていました。お陰様で事なきを得、リスタート・・・今日も序盤で早くも最下位集団の定位置。「走りは熱く、休憩は・・・」今日は早めに帰宅しなければならないため、昼食場所のチェックポイントでは最下位でしたが、昼食休憩を取らず先行出発。空いているダートを気持ちよく走り、キャンプ地のゴール到着時にはトップでゴール(ちなみに到着順位は成績に関係ありません)。
NEC_0020
キャンプ地では念願のBMW 1200GSの無料試乗会一番乗りしDOHCのGSを試す。やっぱりGSはターマックがイイね!今回は時間が無いのでじっくり試乗できませんでしたが昨秋のGS-Adoventure試乗につづきラクチンなGSに惹かれています。
さて早々にテントの撤収、閉会式も参加せずじゅんちゃんといつものランデブー東北ロングjディスタンスに。
晩秋の行楽シーズンで所々の渋滞はありましたがTLDでは珍しく21時過ぎに我が家に到着!片付けもせず翌朝に向け2泊3日の睡眠を取り戻すべく爆睡モード突入!
楽しかった3日間のお陰で仕事で溜まりに貯まったストレスが吹っ飛びました。
やっぱりキャンプっていいもんですね!来年もたのしみです

Door of Adventure 2011in 会津 Day1

今年の恒例の「秋のホッピーズの集い」は、会津に急遽決定!DOAと言うイベントへ参加することになりました。
金曜の仕事を終え準備して20時出発!集合場所の那須塩原I.Cまでタイヤの慣らしを兼ねて法定速度で巡航・・・初めて履くフロントタイヤの剛性が足りずヨーイングが発生・・・不安でスピードを上げられません。ホテルの門限が迫る中なんとか深夜1時に滑り込みセーフ。少し仮眠を取るも興奮のためかうつらうつらしながら朝を迎え、まだ薄暗い4時の集合時間で先着していた、いつものメンバー:じゅんちゃん/青森・関東組Benちゃん・しげさんとホテルから出発。氷点下の道路標示を観ながら一路南会津を目指す。
map2
やっぱり仲間と走るのは楽だ。順調に会場へ到着。早速、受付・車検とキャンプ設営に取りかかる。
NEC_0018
寝不足ながらズラリと並ぶ参加車両を見回すと気分も高揚!なんとかハードな2日間を安全にしかも楽しんで走ることを誓う。
NEC_0012
次々とゼッケン1番からスタートしていくエントラント・・・我がホッピーズは成績は二の次!「走りは熱く!休憩は最大に・・・」をモットーにダートを走っては談笑といつものTLDで序盤で早くも最下位集団に。
昼食後出発するも、ロングダートでしげさんが行方不明・・・トップを走るBenちゃんと私がミスコース(先導組の私がGPSでミスコース連発・・・GPS走行の経験があるなんて言ってどういう事?反省。。)する内に、しげさんだけオンルートで先行してしまい2時間も早くゴールしていた。呑気な私らは自分たちが先行していると思い込んでいた・・・しげさんゴメンナサイ。

さて、そんな道中で今回関西よりKTM950SERで参加したBugさんのTLD入会審査を私めが執り行いました!
馴れないKTMビックのBugさんにTLD恒例の儀式「うめさん石礫の洗礼」を受け見事度重なる受難にもめげず合格されたことを報告いたします。(でも、カウルやヘッドライトが無傷だったのが減点かも・・・笑)

そんな珍道中を重ねながらゴール周辺へ来るとSSが・・・疲労困憊とガソリン満タンの中でのトライアルセクション!
Benちゃんと私はなんとかオールクリーンし一日無転倒でゴールだとホッとしたつかの間、ゴール手前の舗装路で停車しみんなを待っているうちに立ちゴケ・・・「ダートで転けないで何でここなの・・・」と爆笑されてしまいました。
こんなことやあんなことを談笑しながらキャンプ地の夜は更けていきました。

What's TLD?

clat
東北、岩手の12月から3月末までBIG-OFF乗りは冬篭もりです。
当然この時期、ツーリングもダートの記事もアップロードは出来ません(一部のダート好きは雪中ツーリングしますが・・・)

そんな長~い冬の間、懐かしい「TLD-1999~」
の日々を綴ったページをこのBlogで懐かし画像など織り交ぜながら再度紹介しようと思ってます。
お楽しみに!

TLD_1999 AfricaTwin vs BMW GS


TLDの懐かしい動画がYouTubeにて公開されています!

ホームグランド的な通称「うめ庭」・・・秘密の林道の宝庫!
一本のロングダートで20~30km級を何本も織り交ぜショートダートで繋ぐ中身の濃いスペシャルロング!
エンデューロバイクでは殆どが半ばでガソリン補給=里へ下りなければならない程のロングダートが楽しめます。そのため朝から夕方までダート三昧のコースを満喫するには、ビックタンクが必須!とくれば当然BIG OFFが最適なわけです。

動画ではやんちゃ?なシーンがいっぱいですが、転んでもアクシデントが発生しても対処出来る技量、経験、装備等のスキルが備わったメンバーのみが参加できるTLDたる所以なのです。

Thubu Long Distance episode2

NEC_0005暗くてよく見えなかった宿の周辺も、朝になると眺めも天気も良くいよいよ全員での千里浜ロードへ出発!
NEC_0008

Bug@関西さんのご厚意で06’GSアドベンチャーに試乗させていただく。
タンク廻りの重厚感や安定性を感じつつ、ダートを卒業したら次はGSか・・・との思いが。。。でもまだまだうめさん号で走りますよ!
GSに乗り換えたら「GS MAFIA」に衣替え? いえいえGSでダートはとても走る気にはなりませぬ。
NEC_0011NEC_0010









さてさて、私の今回一番の楽しみである「千里浜なぎさドライブウェイ」
今回のロングで唯一のダート走行が楽しめる!うめさん号も海や砂浜を見て俄然張り切りだします。NEC_0015
ダート仕様のBIG-OFFの本領発揮!全快咆哮を響かせながら爆走・・・・そしてお決まりのカメラ前での転倒も。。。
NEC_0017
北は青森、弘前・南は九州、福岡まで集まったりビックオフ!BMWが増えたけど、ちゃっかりAfricatwinも2台参加しております。
道中を考え早めに帰る予定を立てていた東北組もそんなことはサッパリ忘れ、まったりと・・・。千里浜での談笑の時間の方が寒い夜間走行の苦労をも上回り、仲間達と同じ時間を過ごすことを素直に選びました。
NEC_0013昼まで千里浜で過ごし、別行動予定の関東組も北陸道を同走してくれることになり、これまた長い道中も楽しく、距離を感じないであっという間に数百キロ。
東北まで楽しかった思い出を反芻しながら、本来なら疲れがピークの長~い夜道をこれまた休憩少なく良いペースで帰宅出来たことが今回のツーリングがいかに楽しかったかを如実に物語っていると感じた2日間でした。
来年も、まだまだその次も・・・・仲間と一緒に過ごす楽しい時間を共有しにLong Distanceに参加し続けようと思っています!

Thubu Long Distance episode1

NEC_0002早朝6時前に今回同行していただく「むささび@弘前」さんと前沢S.Aで待ち合わせ。弘前から900km、奥州市から700kmの道程をランデブー走行。TLD時代からよく二人でDistanceをこなした相棒でもあるむささび君に今回は先導してもらう魂胆。内心、ソロでは不安がいっぱいでしたが、お陰様で良いペースで走ることが出来正解でした。
先は長いが2人で走れば休憩も200kmスタンスでも軽々。途中福島・会津では霧や雨降りでちょっと寒さに震えるも、新潟へ抜ければ雲からお日様が顔を出しいよいよ気合いを入れて走る走る!糸魚川周辺で関東組と合流し、ますますテンション上がりっぱなしであっという間に富山・石川へ爆走。朝暗い岩手を出発し、夕暮れ能登へ無事到着しました。NEC_0004
宿では塩辛い温泉で筋肉のコリをほぐし、美味しいお魚三昧の料理、話題の尽きないバイク談義・・・楽しい夜を仲間達と過ごしつつ思い出の時間を積み重ね能登の夜は更けていきました。

久しぶりのロングダート



NEC_0042

春に秋田市→酒田市→鶴岡市→山形市→仙台市とふらりとツーリングした時、雪をいただいた鳥海山を見て夏になったら登ってみようと決めていたプランを残暑厳しい9月初旬に、2000級mのアップダウンを休息もとらずに気圧で耳が変になりながら一気走りで走破。さらに鳥海山から秋田内陸部へルートをとって最短で行こうとナビの指示通り進んで行くと、何やら道が細くなりダートへ突入・・・まぁそこは曲がりなりにも?ダート仕様のアフリカツインなので、何キロ続くかわからない林道なれど最悪ガレ場で引き返せばいいか・・・と、久しぶりにダート走行する羽目に。。。
ナビのルートは消え、遥か先の県道まで案内表示なし・・・進んでも進んでも続くダートに加え、だんだんガレてくるダート道。単独ビックオフでのダートアクシデントは恐ろしいものと過去の経験からインプットされているので、走りながらそわそわ・ハラハラ・・・途中、駐車している車を見てはホッとしつつ更に奥へと分け入りまたそわそわ。。。引き返そうか、もうちょうと先に行けば県道へ合流できるかも?・・・と、ビックオフならではの緊張感を味わいながら進む単独行。
ダートに分け入り20kmも走るともはや車も見えずアップダウンの急な峠道、ここでパンクやアクシデントだと戻るのに歩いて何時間?などと要らぬ心配も拍車がかかってくる・・・まだ先は見えない。NEC_0044
後何キロ走れば舗装路に合流できるのかわからず走る・走る。。。ガレからフラットダートに変わるとそろそろ合流?えっ!またガレ場、オイオイいつになったら終わりだよ!?を繰り返しながら30kmに届こうとするころやっと車でも走り易いダートに到達!
長年の感で、この林道は行き止まり林道ではなく、走破出来そうだなと安堵の一息。
現金なもので、そうと判れば走りも慎重ソロソロ走りからワイドオープンの昔の豪快な?パワースライド走法に替わり数キロをあっという間に走りきり、まもなく標識や案内板を発見、県道に合流。長くもあり短くもある1時間の濃密な林道体験を経験してきました。
この体験ってダートを走り始めたころに感じた何か懐かしい時間を取り戻したような。。。ビックオフでのソロダートは出来るだけ避けるようにしている最近は、とても新鮮でした。(集団でならイケイケなんでしょうけど!?)
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

プロフィール